無理矢理はダメダメ

トトロがもし森に住み着いていたら > おすすめ > 無理矢理はダメダメ

無理矢理はダメダメ

2014年10月26日(日曜日) テーマ:おすすめ

やっと仕かける時という状況ではまずは下調べを横着してはいけません。

トレードを始める前であれば出来事を合理的に観察する事が可能です。

 

ところが、一度売買の内側に入ってしまうと、どうやっても見え方が独りよがりになる場合があり、重要な時に真っ当な状況判断ができなくなる不安があります。

 

そのために自らの論理的な段階で適切に事前準備が大切です。

 

"事前準備"するためには、まずは己の台本を考える事から始めます。

 

為替相場は下がる(または上がる)から、NZドルを勝負するといった自分の物語を描いていきます。

 

その次は日足チャートを確認しましょう。

 

それ以前の為替相場の上がり下がり見定めて価格を確認する。

 

そうすると、「現時点では割りに高すぎる場面になっているな」それとも「もうすでに多くの買い(あるいは売り)に動いているから今から自分か売り(または買い)しても今はもう間に合わないな」ということが見えてくる。

 

言うまでも無くすでに売買するのが間に合わないなと感じたならばこの場面では潔く割り切ることが重要です。

 

あなたなりの脚本を譲らずに、無理やりトレードすると、市場にやられてしまい、反対に損をすることになる危険があります。

 

ただたいがいの状況で準備万端の自らのストーリー展開を描いておくと、仕かけるのが遅いということにはならないでしょう。

 

おそらく、明確に為替相場が動意づく前のはずだから。

 

更に、まずは自らが取引しようとしている通貨の上下動を、しっかり把握する事が必要です。

 

もしも、ドル高に向うだろうという台本を書いたのであれば、ドル円の動きに注目しておくことだ。

 

為替相場の推移をチェックし始めたときでは、ドルは分かりやすく動く素振りを見せないで小さな上げ下げをしているだけでしょう。

 

だが、その動きをチェックしているとあるポイントでじわじわと円安の方向へと市場が変動し始めます。

 

ここでいよいよドル買いのトレードします。

 

一般的に、ここまで注意深く用意をしておけばその取引で利益を上げる率はかなり高まるはずだ。

 



関連記事

フラッシュモブ

フラッシュモブ

2014年11月 5日(水曜日)

フラッシュモブプロポーズの仕組みを知りたい

フラッシュモブプロポーズの仕組みを知りたい

2014年10月30日(木曜日)

無理矢理はダメダメ

無理矢理はダメダメ

2014年10月26日(日曜日)

ドラマを見て知ったフラッシュモブの事

ドラマを見て知ったフラッシュモブの事

2014年10月24日(金曜日)

聞き流していれば英語ができるようになるの?

聞き流していれば英語ができるようになるの?

2014年10月21日(火曜日)